ペインクリニックはいかがでしょうか? | とおるの難聴物語

ペインクリニックはいかがでしょうか? | とおるの難聴物語 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012.10.20 Saturday|-|-|-|-

ペインクリニックはいかがでしょうか?

おはようございます!(´・∀・`)ノ、今日も来てくれてありがとうございます。

近年、「ペインクリニック」と言う言葉を、新聞(子供の頃はテレビ欄と4コマ漫画くらいしか読みませんでした)やTV等で耳にする機会も増えました。

それでも、実際ににどのような事をしてくれる場所なのかは、一般の方にはまだ馴染みがないような気がします。



ペインクリニックとは、薬やレーザー、神経ブロックなどを利用し、様々な痛みの治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を行ってくれるところです。

また、痛みの治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)の他にも、花粉症やアトピー性皮膚炎(乳幼児型アトピー性皮膚炎、小児・学童型アトピー性皮膚炎、成人型アトピー性皮膚炎に分けられています)等のアレルギー性疾患(いわゆる病気のことです)、筋肉の凝り、神経痛などを和らげ、自然治癒力を引き出す処置も行っていますよ。



ペインクリニックでの治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)に向いている病気としては、五十肩、頭痛(誰でも一度くらいは経験するものですが、その原因は様々で時には深刻な病気の症状であることもあります)、更年期障害、帯状疱疹後神経痛、自律神経失調症、顔面神経麻痺、

突発性難聴(高度な感音難聴がある日突然に起こり、しかも、その原因がわかりません)、メニエール病、咽喉頭異常感症等が代表的です。



耳鳴り(難聴を併発することが多いといわれています)やめまい、難聴(生まれつき聴力が弱い場合もあれば、何らかの原因によって、後天的に難聴になる場合もあるでしょう)ともなると、筋肉の緊張を緩和させる治療法が有効となりますので、ペインクリニック等にて、星状神経節ブロック療法を受けるといいですよ。

星状神経節ブロック療法は、星状神経節と呼ばれている首にある左右一対の交感神経節に対して、少量の局所麻酔薬を注射します。



そうする事によって、一時的に交感神経(昼間の活動中に働くことの多い自律神経系ですね)の機能がブロック(遮断)されて麻痺し、緊張が緩みます。

その結果として、自律神経のバランスも良い方に働き出して、耳鳴り、難聴(生まれつき聴力が弱い場合もあれば、何らかの原因によって、後天的に難聴になる場合もあるでしょう)、めまいなどの症状が改善されるようなのですね。



症状の重さやその人の体質によって、星状神経節ブロック療法の効果が実感出来るまでに必要な回数は多種多様ですが、平均して三十回くらいで改善が見られるケースが多いそうです。



ではでは、応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)


この記事の関連ワード
高音 改善 低音障害型感音 とは 茅ヶ崎 


2012.07.28 Saturday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

スポンサーサイト

-

2012.10.20 Saturday|-|-|-|-
コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
Copyright © ペインクリニックはいかがでしょうか? | とおるの難聴物語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます