突発性難聴のお話です! | とおるの難聴物語

突発性難聴のお話です! | とおるの難聴物語 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012.10.20 Saturday|-|-|-|-

突発性難聴のお話です!

今晩は、今日も来てくれてうれしく思います。

近頃、歌手の人が突発性難聴(高度な感音難聴がある日突然に起こり、しかも、その原因がわかりません)のために活動を休止すると言うようなニュースをよくきくことの多いようになりましたよね。



この突発性難聴は歌手(シンガーやボーカリストと呼ぶこともあります)だけでなく、誰にでも起こりうる耳の疾患なんです。

では、突発性難聴(高度な感音難聴がある日突然に起こり、しかも、その原因がわかりません)になってしまった場合には、どのような症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)をあらわすのでしょうね?



突然、両耳、もしくは、片耳が全く聴こえなくなりかねませんし、耳が聴こえづらくなるのと同時に、耳鳴り(実際には聞こえない音が聞こえるような気がすることをいいます)や耳がつまるような感じがしたり、めまいや吐き気などをもよおす可能性もあるのです。

このときの難聴(正常な場合よりも、音の聞こえが悪いことをいいます)は、すこしずつ聴こえにくくなっていったような物ではなく、突然、何かをしていた時に起こった難聴(正常な場合よりも、音の聞こえが悪いことをいいます)のことを言うのです。



症状の感じ方は人によってはそれぞれ異なるので、なんとなく耳に違和感を感じるなといった程度の方もいると思います。

症状が軽いと、放っておけばそのうち治るだろうと軽視してしまい、治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)が遅れてしまうケースもあります。



突発性難聴(五十代から六十代の人が多く発症しているようですが、若い人でもみられます)が起こる原因としては、明らかになっていないのです。

あくまでも仮説とは言っても、一つにはおたふくかぜやはしかなどウィルス性の疾患(基本的には、早期発見・早期治療というのが大切になります)に感染した場合、突発性難聴を発症する確率が高いでしょうね。



また、2つ目の説として、内耳内で出血していたり、痙攣が起こることによって、循環障害が起こる事で突発性の難聴が起こるという説もあるんです。

いずれにしても、遺伝で突発性難聴が起こる事はないでしょうね。

また、突発性難聴になった患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は異なるものですし、治るかどうかも違ってきます)さんを調べた上でみたところによると、この難聴が発症する直前に疲労を感じていた方が多くいたこともわかっています。



突発性難聴(ウィルス感染説と内耳循環障害説が有力ですが、はっきりとした原因はまだわかっていません)は、初期の段階でみつけて・早期治療が重要になります。

大したことないと思って放置しないで、音の聴こえ方に変化を感じたり、耳に違和感を感じた時は、すぐに病院へ行きましょ。



さてさて、また会えるのを楽しみにしてま〜す♪


この記事の関連ワード
とは こども 茅ヶ崎 急性 感応性 


えみの生活メモ

2012.08.29 Wednesday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

スポンサーサイト

-

2012.10.20 Saturday|-|-|-|-
コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
Copyright © 突発性難聴のお話です! | とおるの難聴物語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます