メニエール病と難聴って? | とおるの難聴物語

メニエール病と難聴って? | とおるの難聴物語 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012.10.20 Saturday|-|-|-|-

メニエール病と難聴って?

メニエール病とは、内耳に何らかの異常が発生して、突然激しい目眩を起こす疾患なのです。

また、難聴の中でも突発性難聴(厚生労働省の特定疾患に指定されていますが、特定疾患治療研究事業対象疾患ではないため、医療費の助成は行われません)は、突然耳が聞こえ辛くなる耳の異常で、

この病気に掛かった人の3割ぐらいは難聴(生まれつき聴力が弱い場合もあれば、何らかの原因によって、後天的に難聴になる場合もあるでしょう)と一緒にめまいの症状を訴えています。



このように、メニエール病と突発性難聴とでは、いくつかにている点がありますから、とりあえずは突発性難聴だと診断され、後にメニエール病だと再診断されるケースもしばしば見られます。

けれど、メニエール病と突発性難聴(突然発症する原因不明の感音難聴をいいます)とでは全く異なる点もあり、メニエール病は不定期にめまい発作を繰り返す特徴があります。



メニエール病のめまいは、自分、または、周りの景色がぐるぐると回るような激しい回転性のめまいが起こるのです。

めまいに伴って吐き気を催したり、嘔吐したりする事も珍しくないと言われているのです。

ちなみに、めまいの発作を繰り返す間隔は一定ではなく、毎日起こる事もあれば、週や月に1回、中には、年に数回といったこともありますね。



一方、突発性難聴(厚生労働省の特定疾患に指定されていますが、医療費の助成はありません)ならね、めまいの発作を繰り返すと言う事はありません。

もし、治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を受けて難聴(生まれつき聴力が弱い場合もあれば、何らかの原因によって、後天的に難聴になる場合もあるでしょう)が改善された後でも、めまいの症状が繰り返されるようであれば、メニエール病を疑ってみる必要があると言われています。



メニエール病も難聴(正常な場合よりも、音の聞こえが悪いことをいいます)も、進行性の病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)である事から、治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)の時期が遅れてしまうと、

その分、症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)も悪化していってしまいます。



初期の症状のうちに、耳鼻咽喉科(取り扱っているのが広範囲なので、得意不得意を口コミなどで調べて病院を選んだ方がいいかもしれません)の専門医を受診して、

適切な治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)と指導を受けることが一番重要なことと言えるでしょう。



というわけで、―地球滅亡まであと427日―


この記事の関連ワード
改善 治療 原因 おたふく風邪 急性 


2012.10.01 Monday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

スポンサーサイト

-

2012.10.20 Saturday|-|-|-|-
コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
Copyright © メニエール病と難聴って? | とおるの難聴物語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます