ストレスで難聴になることも | とおるの難聴物語

ストレスで難聴になることも | とおるの難聴物語 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012.10.20 Saturday|-|-|-|-

ストレスで難聴になることも

おはようさんですー!今日もお付き合いよろしくお願いします。

難聴の原因はいろいろあるんですが、その中のひとつにストレスがあげられます。

ストレス(過度に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)と聴覚(五感の一つで、音を認識する能力や機能をいいます)、ぱっと見、無関係に思えるかもしれませんが、実は意外に関係があるんです。



ストレスを原因とする難聴には、心因性難聴(伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴などに分けられています)と低音障害型突発難聴(正常な場合よりも、音の聞こえが悪いことをいいます)があるはずです。

心因性難聴は、聴覚(年を取るのに伴って、可聴域が縮小していき、高い周波数の音から聴き取れなくなっていきます)自体にはまったく問題ありませんが、聴力検査を受ければ難聴(正常な場合よりも、音の聞こえが悪いことをいいます)である事を示したり、ある日突然に、聞こえにくくなったりします。



症状は両耳に現れ、子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも多いかもしれません)や女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)によく見られるのが特徴です。

家庭や学校、職場などの環境におけるストレスが要因で、ストレスから逃避しますのでに難聴を発症するのです。



一方、低音障害型突発難聴(音が聞こえない以外に、音が聞こえても聞き取れない場合もあります)は、突然、耳鳴り(大きく分けると、自覚的耳鳴と他覚的耳鳴に分類することができるでしょう)がしたり、自分の声が反響して聞こえたり、耳がふさがっているような閉塞感を覚えたり、低音域の音や声が聞き取り難いと言った症状が現れます。

女性(ならではの視点が貴重なこともありますが、逆にマイナスとなることもありますね)に発症することが多く、短期間に回復しますが、再発しやすいのが特徴です。



ほかに突発性難聴(高度な感音難聴がある日突然に起こり、しかも、その原因がわかりません)というのがあり、原因としてははっきりしていませんが、ストレスも関係があるともいわれていますね。

突発性難聴は文字通り、突然発症します。

片耳だけが難聴(正常な場合よりも、音の聞こえが悪いことをいいます)になるケースが多く、もう一方の耳がちゃんと聞こえているため、突発性難聴(五十代から六十代の人が多く発症しているようですが、若い人でもみられます)が発症していることに気づかないことも。



突発性難聴(五十代から六十代の人が多く発症しているようですが、若い人でもみられます)は初期の段階でみつけて、早い段階で治療が鉄則で、1日遅れるごとに治癒率が低下してしまうという厄介な病気です。

そのため、耳に違和感を感じた際は即専門医に診てもらうようにして下さい。



ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)性の難聴では、ストレス(過度に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)を取り除く事で症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が改善する場合がほとんど。

治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)は心療内科などでメンタル(精神面を鍛えることで、いつも以上の実力を発揮できることもあるでしょう)面のケアを受けます。



でも、一番大事なのは、ストレス性の難聴(正常な場合よりも、音の聞こえが悪いことをいいます)にならないよう、普段からストレスを溜めこまないようにすると同時に、ストレスと上手に付き合う工夫になるんです。



てなわけで、嗚呼,気分爽快


この記事の関連ワード
感応性 原因 種類 急性 茅ヶ崎 


2012.10.20 Saturday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

スポンサーサイト

-

2012.10.20 Saturday|-|-|-|-
コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
Copyright © ストレスで難聴になることも | とおるの難聴物語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます